綴々

神宮寺勇太くんのこと

HiHi Jetsの新たな刺客 全般的にはない死角

f:id:clmk:20180814224909j:image

 

作間龍斗さん

 

美しい顔、洗練されたスタイル、品の良さを纏った雰囲気、長い手足、しなやかなダンス。

 

あまりにも大人っぽいので中3のバイトしてる大学生かな?と一年前から何度か話題にしていたのだけど

 

f:id:clmk:20180815111907j:image

 

若干15歳にしてこの完成度。

 

f:id:clmk:20180815105808j:image

 

f:id:clmk:20180815105713j:image

 

「Jrに必要なパフォーマンスはぜんぶできます」

 

何ですかこのかっこよすぎるパワーワードは……

 

かっこいいなぁとは思っていたのだけど、これまで作間龍斗さんを目当てに公演に入ったことはなかった。しかし私が入る公演には大体作間龍斗さんがいました。

 

コンサートやライブではPrince、ハイビーのバックで踊っていたし、バンドではキーボードを演奏していた。

 

帝劇では淡々とスネアを叩き、アクロバットの補助、ローラーで惑星を颯爽と回収、見せ場となる出番こそなかったけどいつも華やかな演出を支えていた。

神宮寺くんがステージにいない時、私はいつも作間龍斗さんを意識的に観ていました。

 

私にとってそれは当たり前で、なぜ観ているのか疑問すら抱かなかった。


あえて理由を上げるとするならばそれは「かっこいいから」なんですけど

 

未来を知るにはまず過去を知る、初年度から観劇してるJW塾の生徒なので過去を遡ってみました。

 

 

作間龍斗さんのかっこよさに気づいてしまったのは2016年夏のEX。

エレショを踊る作間龍斗さんがとにかくかっこよかったという印象を強く覚えています。

 

そして2017年Jr祭りたまアリ後のハイビークリエ

 

 

これが観に行った公演に作間龍斗さんがいて勝手に落ちてる私です。

 

そんな春から始まった2017年は夏のEX 、秋の湾岸、冬のプリンスホテルとPrinceの単独公演が充実した一年でした。

 

そして、King&PrinceのCDデビューが決定。


デビュー発表が1月、デビューが5月、ファーストコンサートが8月

 

JWの千秋楽からファーストコンサート初日までの約半年間、神宮寺くんはTVの中のアイドルでした。

 

満を持してのデビュー、キンプリは大変に売れた。大型歌番組を始めバラエティなどいろんな番組に呼ばれるようになった。

 

大好きなかわいい神宮寺くんをたくさんTVで観れる喜びに幸せを感じながらも心はどこかいつも退屈だった。

 

私は良くも悪くも現場主義なので早く生で観たかったんです。


退屈な私はクリエのハイビー合同公演に入りました。
そして目の前にいる新しくHiHi Jetsに加入した作間龍斗さんの美しさにとにかく圧倒されてしまったのです。

 

 

それから間もなく始まったクリエのハイハイ単独公演を、初めて作間龍斗さんを目当てに入りました。

 

 

 

これがもうとんでもなくすごかった。

それはそれは楽しかったんです。

 

作間龍斗さんを目当てに入りましたが私はハイハイちゃんのことをユニとして箱推ししたい!そう思ったのです。

 

そして私は再び作間龍斗さん目当ての2018年夏のEX通いを迎えます。

ハイビー合同、ハイ侍合同、ハイハイ単独、どれもそれぞれ楽しかったのですが

 

EXでのHiHi Jets単独公演、、、これがめちゃくちゃによかった。

 

セトリに演出に構成どれをとっても天才で、変な言い方だけれど私はハイハイちゃんと信じてる神が同じだと何度も思いました。

 

それぐらいアイドルグループとしての方向性、在り方、魅せ方、関係性、全てが好みだった。

 

・煽りが上手く、一体感がすごい

 

ライブの煽りといえば神宮寺くん、というくらい私は神宮寺くんに絶対の信頼を持っているのだけど、ハイハイは全員が同じ熱量で煽ってくる、そして乗せ方が上手い。

グループ名に「ハイ」が入ってることに嫉妬するレベルで「ハイ」の使い方が上手く汎用性の高さに唸る煽りをしてくる。我々日本人は返事として「はい」をいちばん使っていますからそれはもう気持ち良い返事(コール)ができます。

 

・メンバー紹介ラップ「だぁ~くねすどらごん」が楽しすぎる

 

先日少クラでも披露されましたが、かつてこんなにも完成度の高いキャッチーな紹介ラップがあったでしょうか。

しかもそれが全て猪狩さん作詞ですよ。才能の塊か。見てるだけでも楽しいのにラップに参加出来る。C&Rの嵐、参加出来るのはメンバーの名前を呼ぶだけじゃないんです。

 

「ガンガンあげてくテンション」\ハイハイ/

「快進撃ならハイパー」\ジェット/

 

「一人じゃないから複数形

俺らの名前は何だっけ?」

 

ここから怒涛のハイハイC&R

 

盛り上がり方がえげつない。最高。

 

・客席からの\ハイハイ/コールでライブが締まる

 

猪狩さん「これから俺が言うことに全部ハイハイで返してください!」

 

「今日のライブ楽しかったですか」\ハイハイ/

「赤ちゃんが歩くのは」\ハイハイ/

「これからもずーっと俺たちについて来てくれますか」\ハイハイ/

 

いやもう「ハイ」の汎用性の高さよ…

 

・MCがとにかく自由で楽しくてかわいすぎる

 

レポ検索ください。「雑すぎねぇ!?普通に!」(byゆうぴ)

 

 

EXのハイハイ単独公演に入って私はHiHi Jetsを自ユニにしたいと、本気でそう思った。

 

公演ラストにメンバー直筆のメッセージがモニターに映し出されたのですが

 

「世界は俺ら中心で回ってる」いがりん

 

猪狩さん、あなた最高だよ………

 

 

がむしゃら行進曲での作間龍斗さんのソロパート


「全ては''偶然''じゃなくて''必然''だって事を」

 

作間龍斗さんがHiHi Jetsに加入したこと、そして私が見てきた中に作間龍斗さんがいたことは全て偶然じゃなくて必然だったのかなぁと、今はそう思います。

 

好きが増えれば増えるほど楽しいし、全力で掛け持ちしよう!とひとまずはそう思っています。

 

 

YUKIのハローグッバイという曲があるんですけど

 

「私が見てきたすべてのことむだじゃないよと君に言ってほしい
人は誰かとかかわるハローグッバイ
ちから漲るよわなわなと
巡り逢うよベイビイ」

 

「あなたがくれたすてきなこと
胸にしまってる光と影
いつかは誰かと言う
セイ・ハローグッバイ
みのらなくても大切なこと
地球は回る私を乗せて」

 

HiHi Jetsさんを少しばかり追いかけた夏、この曲が頭に流れました。

 

 

 

 

ちなみにここで作間龍斗さんにキャッキャッしてます@imustoniok