綴々

神宮寺勇太くんのこと

キャッチ

最近、何が魅力で何が好きか考えなくなってしまったな〜と、改めてプリンスの魅力を伝えてるファンの方を見ながら思ったりします、どうも私です

 

好きになった時の熱量ってすごくて、今すごく好き+知らない過去があればあるほどその掘り起こした分も含めて好きになるから、昔から好きな人より最近好きになった人の方が好きの熱量が強いよな〜とひしひし感じます

私はというと現場の備忘録すら最近書けてないし、あまり感想すらツイッターに投稿しなくなっちゃってますが

 

担歴が長くなればなるほど、応援のスタンスもできあがってくるし思いもどんどんシンプルになってくるんですよね

 

「好きだってこと忘れるくらい、いつも好きです」

 

これカルテットのすずめちゃんからの引用なんですけどね

 

ただ好きなんですよ、普通に、当たり前にいつも好きなの

 

神宮寺くんのことを知りたい!と言われればよーしそこ座って今から8時間話す!くらいには私も神宮寺くんの好きなところ、魅力なところ、たくさんありますよ

 

ただ、誰かにわざわざ伝えたいくらいの熱量はないんです

 

なので強いエネルギーを持っているファンの方をうらやましく思うことがあります

 

 

これは私が泥酔してその日の記憶を完全に失くした時の話を妹にした際に出た発言なんですけどね

 

これ冗談じゃなく、もう一回好きになりたいなってたまに思う

 

神宮寺くんを観ていると毎秒好きを更新させてくるというのをよく言ってるくらいには何度も何度も好きになってるんだけど、好きになり始めた時の私に戻りたいっていうか

 

あるじゃないですか

 

好きで好きでどうしようもなく好きで、もうこの人しかいない!大好きが止まらない!って付き合って、わーい嬉しい毎日がハッピー!!!ってなりながらもあっさり別れること

 

付き合う前がいちばん好きだった、付き合い始めるまでがピークで付き合った時にはもう終わってたみたいなね

 

私が神宮寺くんを気になり出した時期を片思い期間として、神宮寺くんを自担として応援し始めてた時期を交際期間としましょう、仮に

 

今、付き合い出して7年目です

最初の1〜3年くらいはもうラブラブです。何でも嬉しいし何でも楽しいし神宮寺くんが何に頑張っているのかを知り、それをステージで観れ、その成長と上達を嬉しく思ったり、雑誌→TV→現場の3ステップの楽しみをただ感じていました

4〜5年は倦怠期きちゃいましたね、見ていて楽しい気持ちと苦しい気持ちが重なったりもやもやすることもあったりして別れの危機を感じたりしました、私たぶん結婚(デビュー)するのかなぁなんて夢見てたんですよね

ここ2年くらいは平和で楽しい、改めて神宮寺くんがNo.1!という、いい意味で色んな思いを削ぎ落としシンプルに好き!という気持ちだけで付き合えてます

 

うん、ここまで書いて何だこれって私もなってるから安心して欲しい

 

今も変わらず好きでお互いいい関係なんだけど、ラブラブだったあの時期をもう一度味わいたいっていうかさ

まぁラブラブだった時期なんてないんだけどね神宮寺担は永遠の片思いなので

 

 

私のそんな話はさておき、話したいことがあるのでブログを書いたわけです

 

 

若排がアイドル化してる今、差別化として歌踊り以外のエンタメ性を持つことでジャニーズアイドルとしての強みを持つことを売りにしてるグループが多いけど、好きになる側の立場からするとその売り出してる強み部分が好きで応援してるというより好きになった子がたまたまそういうことが出来る子だったという話だと思うんですよ、個人的な意見だけど

 

特技を持つと舞台映えするとかそういう演出を取り入れてもらえるとか何もないよりはチャンスも出番もあるとは思うけど、好きになるきっかけって全然違うところにあったりするしむしろ好きになる時って至ってシンプルだと思うのよね

 

根性あって努力ができるところほんと好きだなーかっこいいなー前より上手くなってるなー頑張りが伝わるから応援したくなるんだなーこれからも目が離せないなー、う〜んまぁでもいちばんはやっぱり顔が好き!顔が最高!ってなったりね

 

ただ売り出す側としては見出しになるキャッチが欲しいのはわかる、し、売り出される方もここをキャッチにしたい部分があるならそこを推して欲しいのもわかる

 

というのをビビット見ながらヤクザ心を煽るような印象操作について考えてました

 

プリンスは人気もあるし歌も踊りも上手くなってるし一生懸命だし何より顔がかわいいしほんと最高なんだけど、キャッチって何なんだろうね

キャッチがなくても人気があるということが全ての答えだと思っているしアイドルとしてはそれが大事なことだったりするんじゃないのかな、と思うので

 

このまま突き進んで欲しいです

 

プリンス公演で少年隊を完コピした理由は定かになっていないけれど、ごまかしのきかない歌と踊りで3人が主役の王道のアイドル!の方向性は抜群に合っていたし、ミュージカルメドレーも華やかな舞踏会みたいで、プリンス=王子様だなぁって何度も思いました

 

王子、という文化?概念?を生きてない私でも王子ってこういう存在なんだろうな〜と感じたというか、ただ少年隊メドレーをやったミュージカルメドレーをやっただけでなく、その時代をプリンスが体現して連れて行ってくれたような感じがして

タイムマシンに乗って色んな時代と景色を見せてくれたような、プリンスが作り出した世界観と空気感がほんとにキラキラしてて夢みたいで楽しくて幸せでステキな公演だったと私は思うよ

 

王子様を知らない時代と場所で生きる私達に王子様が何たるかを教えてくれるプリンスちゃん達、グループ名背負ってて最高です!!!

 

そこかな?キャッチ