読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綴々

神宮寺勇太くんのこと

セクシーセクシーセクシーボーイズ

クリエから3ヶ月
5月に行われた単独公演それは幻でも見ていたのかと思うほど儚く過ぎたように思います。
『SHOCK明けの岸くんを考慮した上でコンサートやTVでお馴染みの曲で客席を煽り盛り上げ、特技を交えつつ新たに歌いたい曲を歌いたい人と披露、フリートーク全開のMCでは対応力の高さと鋭いツッコミが炸裂、欲望と幸福感に満ちた神宮寺さんの魅力を惜しみなく味わえる素敵空間それはセクボクリエ』
 
これは当時私がツイッターで呟いた感想なのですが、あの小さな劇場には収まりきらないくらい多幸感が溢れていて私は本当にあの空間が好きでした。
私は5/9、15、16、29の計4回の公演を観に行ったのですが、忘れたくないし忘れるのがもったいないので今更ながら感想を文字に起こしてみようと思ったのですが特にメモもとっておらずレポもしていないので神宮寺くんが目立ったところだけ残します。
 
【Sexy Boyzクリエセットリスト】
・勇気100% 
・With you 
・さくらガール/希望Yell
・欲望のレイン
シンメ曲として歌い継れているキンキさんの1曲を神宮寺くんと岩橋くんで。上段ステージから登場し階段を降りながらメインステージに、ここでは神宮寺くんの4段降り(超かっこつけてながら)が見れます。ジャンプ着地に楽しみと同時に足にかかる負担を気にしていました。曲中はとにかく岩橋くんが神宮寺くんの腰を触り神宮寺くんが腰を回すという珍プレーを披露。
私はこの曲がシンメ厨のジャニオタ達が高まる理由がわからないので二人の欲レがいかなるものか判断できかねます。シンメとしてはどうかはしりませんが一生懸命踊ってました。
・Back to Back
・感じるままにYou&I
・to the Freedom 
・愛のかたまり 
・アジアの夜 
・トランペットソロ 
・sing sing sing
・In The Mood
〜ジュニア紹介〜
・風にのって
欲レに続き神宮寺くんと岩橋くんによるじぐいわ絡みがかわいいの極みの一曲。曲中とにかく向き合い、見つめ合い、触り合う。この子達は一体何がしたいのだろうと思いながら見ていました。
・Keep it up 
・SUPERSONIC 
・Don't Stop Sexy Boyz 
・もう君以外愛せない
・Love is…〜いつもそこに君がいたから〜
Wゆうたこと岸くんと神宮寺くんペアで披露したしっとりラブバラード。韓流アイドル並の吐息量とビブラートの岸くん+高音でか細いストレートな神宮寺くん=重ならないメロディー
この曲はですね、見ててつらいくらい最高でした。青春。個人的にこの二人の組み合わせが大好きなのでこうして二人でカラオケ行ってるんだなあかわいいなあと思いながら少し恥ずかしくもうっとり見てました。
・ダンスコーナー 
・ヒカリひとつ
・Can do Can go 
-MC- 
・世界にひとつだけの花
ボーカル岸くん&岩橋くん、アコースティックギター神宮寺くん&颯くんの4人。
なんとセクゾン1stコン(2012年2月)セクゾンアリーナコン(2012年3月)以来のギター披露です。(2013年5月)神宮寺くんのギター姿がもう一度見たいとずっと思っていたので嬉しかったですね。上手下手は別として。カポ付きの青いアコギを持ち優雅に弾く神宮寺くん、弦を押さえる指の細さとストロークの甘さとコード移動のぎこちなさがかわいかったです。
・Treasure 
・トラブルメーカー
・きっと大丈夫
・サクラ咲ケ 
・Hurricane 
・May be your love
・MUSIC FOR THE PEOPLE 
・BEAT YOUR HEART 
・Dancin' in the Secret 
・The longes tnight
・Weeeek 
・スキすぎて 
・アニバーサリー 
EC:勇気100%
 
セトリについては新しい曲というよりはTVやコンサートでおなじみのナンバーが目立ちましたが、クリエの出演発表から披露までの短いスパンで新しい曲をあまり増やせなかったことは仕方ないと思いました。学生も多いし、岸くんはSHOCKで博多へ行っていたし。
逆におなじみの曲を選んだことでの高まりもありましたし、新しい曲を様々な組み合わせで披露したサプライズ感もありましたし、終わってみれば良かったなあと思います。
Sexy BoyzによるSexy Boyzファンのための公演はやっぱり特別で格別で至高で最高でした。
 
戻りたい…